他人と接することは、自分と接すること

友人と会う。恋愛関係の愚痴を聞かされる。なんだか、同じようなことを以前も聞かされたことがある。あのときは違う相手についてだった気がする。「それ、前も言ってなかった?」とは言わなかったけど、聞きながら気づいたことがある。


恋愛にせよ、友人関係にせよ、職場関係にせよ、家族にせよ、他者と接するということは、まず何よりも自分自身と接するということなのだ。パートナーとしての自分、友人としての自分、職場の人間としての自分、あるいは家族としての自分に。

自分の言葉、行動、感情、そういったものがこそ自分に作用する。それらが、他者との関係がどんなものであるか、少なくとも「あなたにとっての」他者と接するという体験がどんなものであるかを第一義的に規定する。

あなた自身に比べれば、他者そのものは背景のようなものだ。他者があなたに直接作用することはできない。あなたに作用するのはただひとつ、あなたそのものだ。他人があなたを幸せにするのではなくて、あなたがあなたの心を幸せにするから幸せになるのだ。悲しさも、怒りも、みな同じだ。他者に腹をたてることは、やまびこに腹をたてるようなものだ。

そう考えると、他者に不満を持っている人がいつでも誰に対しても不満を持っていて、逆にいつも楽しそうにしている人が誰といても楽しそうにしている理由がよくわかる。けっきょく、それはその人自身の問題だからだ。

もしあなたが、例えばバドミントンが人より下手という場合は、それを何のせいだと思うだろうか。バドミントンというスポーツがけしからんもので、自分に嫌な思いをさせようとしていると思うだろうか。だからテニスやらバレーボールやらに乗り換えたら問題が解決して、いきなり上級者としてスタートできると思うだろうか。そんなことはないだろう。単にあなたの問題、あなたの練習不足、そんなことを思うに違いない。

ところがこれが相手が人間になった途端に、問題は自分の外部にあると人は信じ込む。そんなことはないのだ。少なくともよっぽどのことでないかぎりは。相手が人格を持ち、意思を持つからといって、あなたを直接に支配しているわけではないのだから、あなたがその人とどんな関係を結び、関係から何を経験するかは、あなたしだいなのだ。

だから、恋人に不満を持ったとして、何人恋人を取り替えてみても、問題は解決しない。問題はそこにはないからだ。家族にいらだちを覚えたとして、他の家族に生まれてもきっと同じだ。友人グループがおもしろくないと思ったとして、他の人たちとつるんでもきっと変わらない。もちろん、個々の事情は少しづつ違うだろう。でも、根本的なところでは変わるはずもないのだ。だって、常にそこにはあなたがいるから。

どこにも完璧な恋人も家族も友人もいないのだから、折り合いをつけてうまくやっていかなくてはならない。あなたにとっての他者との関係がどんなものになるかは、ひとえにあなたしだいだ。

青春にさよならを

10年近くも前から好きな人と、ずっと友人関係が続いている。別にひんぱんに会うわけでもないし、ひんぱんに連絡を取るわけでもない。会おうと思えば合える関係。でも距離があるから、たまにだけ。

知り合ってわりとすぐ好きになって、一方的に思い詰めた末にある日いきなり告白して、当然ひどく振られた。そのときのメールは受信ボックスがあふれて消えないよう、鍵をかけて保存してあったけど、スマートフォンに乗り換えるときに失くしてしまった。

そのあとも諦めていないことを半ば隠さず、数年かけて友人として関係を築いたのち、別れの春に再度の告白まがいのことをしようとしたけれど、うまいこと流されてしまった。

あのころはまだ人との接し方を何も知らなかった。すべてがひどく下手だった。今ならもっとうまくできるのに、と思っても無駄だよね。その時うまくできないと意味がない。人生、そんなことばっかり。いつも後追いで生きている。

あのころの自分はあまりに純粋すぎて、あきらめるとかそういう発想を持つことができなかった。毎日毎日想うあまり、わたしにはあの人しかいないと暗示をかけてしまった。夢の中でもいいから一緒にいたいと願っていた。

それからあとは、日常的に顔を合わせるような関係ではなくなったけど、それでも友人づきあいは続いていた。と言うより、その人の優しさゆえに関係を続けてくれていたのでしょう。もしわたしがあの人の立場だったら、きっともう顔も見たくなかったくらいだろうに。

そして歳月が流れ、もっと距離が遠くなった。でも、その人の不在は、わたしの想いを成仏させてくれはしなかった。けっきょく、いつまでも気持ちを切り替えることはできなかった。

でももう、この想いは封印すると決めた。せっかく友人関係を保ってくれているのだから。向こうにはそういう気はないとわかっているから。そしてなにより、この想いはあの人の実像ではなくて、わたしの心が見ている蜃気楼にすぎないことがわかるくらいには、わたしは大人になってしまったから。

きのう、久しぶりに会ったその人と二人で、浜辺で花火をした。もう青春という歳でもない気がするけど、それでもすごく青春みたいだった。線香花火に照らされる少し意地悪な笑顔は、知り合ったころと変わらず、すてきだった。

だけど花火は儚く消えて、夜の暗闇が戻ってくる。熱帯夜なのに、心臓がつめたくなる。知ってた、けっきょくつらくなるだけだって。なのになんでまた会ってしまったの? だってどうしても会いたかったんだもん。だって、好きなんだもん。

そんな言葉は飲み込んで、また来年くらいに会おうね、そのころにはもう元号が変わってるね、と言ってばいばいした。この想いからは、まだ自由になれそうにない。そんなわたしの心は、聡明なあの人にはきっとぜんぶ見透かされている。

そろそろ、平成と一緒に、青春もおしまいかな。とても甘酸っぱくて、わたしは幸せ者です。

カコケイのカンケイ

人生を生きていると、いろいろなところで、いろいろな人間関係を築いていくことになる。初対面からはじまって、だんだん打ち解けていって、安定期に入り、しかしやがて終わりを迎える。引越しであれ、卒業であれ、転職・退職であれ。そして人間関係は現在形から過去形へと移行する。

それは、共通の過去によって結び付けられている関係だ。現在の所在ではなく、現在の趣味でもなく、過去のあり方に依存して成立する関係。過去の記憶がなくなったら、もう二度と生まれない関係。そういう関係は貴重なものである一方で、どうしても不自然さが伴う。現在の状況から半ば必然的に生じる関係性を自然林に例えるなら、過去の慣性によって生じている関係は人工林だ。手入れをしないと枯れ果てたり、あるいは繁茂しすぎる。


猫も杓子も「コミュニケーション能力」に夢中だ。人とつながる積極性、そして仲良くなるコミュニケーション能力、そういうものをみんながもてはやす。

でも、大切なのはそれだけか? 対人関係はその始まりがすべてなのか? もっと大事なのは、過去形になった関係を維持する能力、そしてときには解消する能力なのではないか。それは、物理的距離を超えてコミュニケーションをとり続けることができるこの時代にこそ必要な能力だ。

例えば、特別接点が多かったわけじゃなくて、一緒に長い時間がそれほど長かったわけじゃない人と、細く長く関係を維持していく力を大切にしていきたい。なにがしの同期とか、この仲間グループとか、集団で関係をくくるのは簡単だ。それに基づいた関係を継続するのも、定期的にみんなで集まっていればいい。でもそうではなくて、一対一の関係として、あなたとわたしの関係として、友人関係を維持していくことができたら、人生はもっと豊かになると思う。けっきょく、大事な話は複数人ではできないから。

あるいは、関係を一段トーンダウンして続けていくことも必要だ。もともとはしょっちゅう顔を合わせる仲だったとしても、やがて疎遠になるのは避けられない。けれど、疎遠になってもうおしまいというわけではなく、仕切り直しでほどよい距離の関係に調整してやりたい。なんだかんだ、よき理解者同士であれるはずだから。

そして、人と別れる能力も大事だ。ちゃんと別れないと、ずっとつながっていられてしまうからこそ。でも、別れ方はよくわからない。喧嘩別れがしたいわけじゃない。誰も教えてくれない。でも、もういいよっていう人間関係、あるでしょう。そういうのに付き合うのは人生の損失だ。友達と、知人と、別れましょうって言えるようになるにはどうしたらいいのだろうか。

けっきょく、人生の限られた時間で、優先されるべきは現在形の関係であって、過去形の関係は二番手だ。けれど、過去形の関係は人生でだんだん積み重なってくるものだから、うまく向き合う重要性は増していくことはあっても、減ることはないはずだ。

能ある鷹は爪を隠す

文章術、交渉術、プレゼンテーション術、デザイン、あるいはもっと一般に対人スキル。これらは非常に重要なものだ。だから、世の中にはその情報があふれている。きっとあなたもひとつくらい受け売りで試してみたことがあるのではないか。

しかし、注意しなくてはならない。技が衆目を集めてはいけない。技を使っていることを気づかれてはいけない。技はあくまで情報を伝えたり、人間関係を円滑にするための手段であって、技を誇示することは目的ではない。あなたが伝えたいこと、あるいはあなた自身の存在を置き去りにして、技だけが一人歩きするようではいけない。

それに、技を持っていると知られれば相手に警戒されてしまう。巧妙な文章は、巧妙な演説は、あるいは巧妙なセールストークは、格闘術と同様に、悪用が可能なものだ。あなただって、セールスをするとき、「わたしは部署でもトップの売り上げなんです」とか言わないだろう。でも「この商品は一番売れてるんです」は言うはずだ。つまり、商品の良さは本質だが、セールスのうまさは欺瞞の術だということだ。だから、その術は隠さなければならない。

他の技術でもそうだ。文章でもそうだ、いかにもな構造をしていたり、いかにもなエピソードを挟んでいたり、お手本通りの文章の書き方はすぐにわかってしまう。プレゼンでも、いかにもコンサルが書いた本を鵜呑みにしているなというのはすぐわかる。こういうのがわかるようになるために、世に出回っているハウツー本に目を通しておく価値はある。ほとんどがどこかで見た話の劣化コピーでしかないが。

だから、調子に乗ってはいけない。技の習得過程で試してみるのは悪いことではないが、それは最終形ではないことはわきまえる必要がある。技を縦横無尽に使う自分がかっこいいとか思ってはいけない。その先に行かなくてはいけない。技を使いつつ、それが悟られない自然さと両立できるところまで。

けっきょく、一言で言えば、「能ある鷹は爪を隠す」ということに尽きる。

「積ん読zone」

最近見かけたのにどこだったかわからなくなってしまったので出典を示せないのが心苦しいが、「本を読むモチベーションは買った当日が一番高いから、読む時間があるときに買うようにするのがよい」という趣旨のアドバイスを見かけた。

なんだかこれって恋愛関係(に発展しそこねるケース)に似ているような気がした。

どちらも、きっかけが大事で、流れに乗って関係性を前進させなくてはならない。当たり前にそこにある・いるようになって関係が停止してしまうと、そこから再び速度をつけることは難しい。何か大きなイベントがあればまた変わるが、そうでなければもう望みは薄い。積ん読している本を誰かに再び勧められるとか、古い付き合いの友人に街でばったり出会うとか。

けっきょく、人間は慣性に支配されて生きているのだろう。何か・誰かにコミットするには、モーメンタムが必要だ。最初に出会った時の緊張感から打ち解けていく勢いとか、あるいは読みたかった本を買ってきた時の高揚感に乗っかって進む必要があるのだろう。もちろん相手がある事柄と自分一人の読書は考慮すべき要素が違うし、すべてが一緒なわけではない。とはいえ、精神活動としてはある種似た性質を持つのではないだろうか。

恋愛関係では、もたもたしていると“friend-zone”1に入ってしまうから気をつけろ、と言ったりする。きっと読書も、「積ん読zone」に入らないように注意すべきだろう2


  1. この概念は日本に輸入されていない気がする。

  2. 積ん読は買ったら満足するという要素もあるからその点ではちょっと違うはわかっているが。

だから、優しいあなたはモテないのです

ネットの世界では「優しいのにモテない人間(たいてい男性)」が大きな存在を見せている。日本には限らず、"nice guys finish last"みたいなことを言うし、わりと広く見られる言説なのだろう。散々語られていることではあるが、あえて書いてみることにする。

誰にでも優しいから

優しいあなたは、たいがい誰にでも優しい。結論から言おう。あなたがモテないのは、そのせいだ。これはごく単純なインセンティブの論理から導かれる。

あなたは誰にでも優しい人間だ。無私の精神で、自分のことは後回し。しんどくてもそのことをおくびにも出さず、人を助ける。相手が嫌なやつであっても、人を分け隔てするのは非道徳的だと思っているから、求められれば助けてしまう。そもそも断れない性格だ。あるいは、そうやって人から頼られることに自分の存在意義を感じている。

だからあなたは不満に思っている。そんな聖人のようなあなたを差し置いて、いけ好かないあいつがモテていることを。あるいは恋愛以外の場面でも、なぜかあいつの支持者が多い。意見がぶつかると、あなたの味方だったはずの人々も、なぜかあいつの肩を持つ。

その理由は簡単だ。あなたが誰にでも優しい場合、周りの人間にはあなたに近づくメリットがないのだ。あなたの優しさは、あなたから遠くにいても手に入る。なんならあなたの敵であっても享受できる。だったら、誰がわざわざあなたに近づいてくるだろう?

それに対して、人が寄ってくる人間というのは、自己中心的な人間だ。えこひいきをする人間だ。第一には自分のニーズを満たすことを考えている。第二には身内・仲間への利益供与を考えている。そして残りの時間ではいかに敵を引き摺り下ろすかを考えている。

はっきりさせておこう。そういう人間がモテるのだ。なぜかというと、近くにいれば得をするからだ。八方美人のあなたよりずっと多くを近しい人間に与える。そのかわり、遠い人間には何も与えないし、むしろ害することが多い。この利益とか害とかは金銭的なものに限らない。時間とか、関心とか、感情とか、そういうものも有限な資源だ。それをだれにでもばらまくあなたには魅力がない。知っているか、結婚したら家族をないがしろにするタイプというのは、あなたのような「優しい」人間だということを。

生きていると嫌味な人間に多数遭遇するし、どうしてそいつらに恋人がいるのかと疑問に思うのはもっともだ。しかし、それはあなたが表面的な関係しか結んでいないからだ。そういう人たちの多くは、ひとたび「仲間」と認めた相手にはぐっと親切になる1。ましてや恋愛関係に至れば。そのことに気づいていないなら、人間の観察が足りない。

だからあなたは自己中心的にならなくてはならないのだ。世界は、あなたを中心に回っていて、親密な関係にあるごく少数の人間以外はすべて背景だと信じるのだ。だれかのストーリーの脇役になるのをやめるのだ。そうすることで、周りの人間はあなたに近づきたいと思うのだ。だって、そうしたほうが得だから。けっきょく、恋愛というのは特別に親密な関係を築くことだから、八方美人キャラは出番がない2

いや、あなたの気持ちはわかる。自己中心的になるのが怖いのでしょう。人から批判されるのが怖いのでしょう。拒絶を恐れているのでしょう。みんなから承認されないと死んでしまうのでしょう。だから誰にでも優しいのでしょう。――ねえ、それでモテると本気で思ってる?

「でも、」とあなたは言うかもしれない。「そんなことをしたら対人関係が悪化するじゃないか!」。ならばこう返さなければならない「そういうところだぞ」と。次の点に続く。

敵を作れないのは弱さだから

あなたはたぶん、全員ないしは大半の人から好かれるタイプだと自負している。なんならそのことにちょっとプライドを持っている。自分が優しくて、気遣いができるゆえの結果だと思っている。そう、そういうところなのだ。そういうところがモテないのだ!

あなたは、嫌われることを避けている。敵を作ることを恐れている。孤立したら生きていけないと思っている。――それらの態度は、すべて「弱さのシグナル」でしかないことに気づくべきだ。

あなたは、相手が嫌なやつでも怒ったりしない。無茶な要求をしてきても突っぱねることをしない。自分の守らないといけない範囲も譲歩してしまう。することといえば、せいぜいtwitterで愚痴るくらいだ。あなたはきっと、波風立てないのが大事だとか、譲歩するのは美徳だとか、そういう美辞麗句で自分の心をだましている。

気づいてほしい、それらはすべて、あなたが弱いということを示している。誰からも好かれるようにする戦略というのは、弱者の戦略だ。戦ったら勝てないから仲良くするのだ。野生動物の服従のしぐさに他ならない。そんなのでモテるわけはないではないか!

大事なことは、モテるためには強くある必要があり、かつそのことを示すシグナルを発信する必要があるということだ。シグナルというのは、クジャクの羽やら鹿の角と同じだ。

強い者は、自分の意見を主張することをためらわない。対立を恐れないから。強い者は、敵を作ることをためらわない。戦って勝つ自信があるから。さらに言えば、その強さを恐れて相手は敵にならないと踏んでいるから。そう、相手はあなたみたいな「優しい人間」だから。強い者は、時には味方を失うことも恐れない。また別に獲得できるとわかっているから。そういうのが強さだ3

不遜にふるまうのは、強さの「シグナル」効果を重視した振る舞いだ。しばしば店員とかの他人に態度が悪い人間がいて、なのにモテるとかなんとかの話しがあるが、それは横柄さが強さのシグナルだからだ。そうやって多少風波を立てることをしてもやっていけることは、強さを証明しているのだ。

けっきょく、モテるためには、そして恋愛関係に至るためには、ある程度波風を立てる必要があるのだ。人にアプローチすれば、嫌われることも拒絶されることもある。恋敵ができて対立するかもしれない。別れたら気まずくなる。コミュニティ中で相手を探せば出会い目的だと白い目で見られそうで心配だ。かといって出会い目的のコミュニティに飛び込む勇気はない。そんな、誰からも嫌われたくなくて、いい顔だけをしていたくて、他者からの評価にすがっているあなたは、モテるはずがないではないか。

「でも本当に強い人間はとても謙虚だって言うじゃないか!」とか言うかもしれない。これは一つには認知バイアスの働きである可能性が高い。もう一つには、それはさらに上級の戦略だから、あなたには無理だっていうことに気づく必要がある。

たとえば世界的に有名な億万長者が質素な生活をする。それは、「中途半端な成金とは違う」という逆説的な強さのシグナルだ。ふつうの金持ちは高級なものを身につけたりすることで強さのシグナルを送る。でも、振り切れた億万長者になると、「もはやそんなシグナルを送る必要もないほど有名な富豪だ」というメタなシグナルを送るのだ。ビルゲイツが四畳半に住んだら感心されるだろう。でもちょっとした金持ちが同じことをしたら庶民と間違われておしまいだ。ましてやあなたのような貧乏人が貧乏人っぽい生活をしたところで、名実ともにただの貧乏人でおしまいではないか。

それと同じで、あえて強さのシグナルを送らないで謙虚に生きるのは、メタな強さのシグナルだ。でも、なんでそれがメタなシグナルとして機能するかを考えてほしい。本当に一呼吸置いてよく考えてほしい。それは、そういう謙虚さがふつうなら弱さのシグナルであり、モテないシグナルであり、とても不利だからだ。だから真似してはいけない。


だから、優しいあなたはモテないのだ。万人に承認してもらうことを求めている限り、八方美人でいる限り、嫌われることを恐れている限り、対立を恐れている限り、あなたはずっとモテないままだ。そういう醜くて、不安にとらわれているあなたを直視する覚悟はあるか。あるなら、「優しい」なんていう都合のいい言葉で覆い隠すのをやめることだ。あなたは優しくなんかない。さあ、どうする。


  1. こういうのは道義的によいものではない。延長していった先には縁故主義ネポティズムがある。でも、世の中けっきょくのところそういうのばっかりではないか? 仲間になれば、ルールを曲げてでも便宜を図ってくれる。ニュースでは見るのに、身近な人間関係は違う力学で動いていると思うならなんてお花畑な考えかたをしているのだろう。めでたいからどうかそのままでいてほしい。モテないけど。あなたも少しくらいそういう経験をしたことがあるのではないか? 友達のよしみで何かの締め切りを延ばしてもらったりしたことはないか? ない? それはモテるモテない以前にだれかと仲間になることができていないということ……。

  2. これはなにも恋愛関係に限ったことではない。人を率いる立場一般にも当てはまることだ。誰にでも優しい人間は、リーダーたる資格がない。一番わかりやすい例は独裁者だろう。独裁者は好き勝手にやっているのではない。あれは、権力ピラミッドの頂上から転落しないように必死でバランスを取る無理ゲーだ。少しでも間違えれば革命でギロチンだ。側近を肥やさなくていけない。キーパーソンを懐柔しつつ、敵は消さなければならない。万人に優しい独裁者などいないのは、それがリーダーシップ失格だからだ。博愛主義とリーダーシップは両立できない。

  3. これは「空気を読めない」こととはまったく違う。以前に書いたので参照 qana.hatenablog.com

たとえだれも見てなくても

うそをついてはいけない。それは人にバレて怒られたり嫌われたり不利益を蒙るからではない。そういうケースもあるだろうが、それはうそが下手なだけだ。

どんなにバレないケースでもうそをついてはいけない。なぜならあなたは必ずあなたがついたうそを知るからだ。あなたがうそつきだと知るからだ。

これは一般の悪行や善行に共通だ。誰も見ていなくても、気づかなくても、あなたは自身はあなたの全行動を知っている。これは恐るべきことだ。

そうしてあなたは日々、あなた自身がどんな人物であるかの印象を形成していく。それは積み重ねの結果であって、変えようとして変えられるものではない。常日頃の行動によってのみ形成される。

あなたが悪行を重ねていれば、あなたは、あなた自身を悪人だと見るようになる。あなたは、あなたのことを「他人から尊敬されるに値しない人間だ」と思うようになる。それはあなたから前に進む力を奪う呪いだ。

加えて他人もきっとあなたと同じように生きていると思うのが人の常だから、他人もうそをつき、ばれないとわかれば悪行を働いていると思うようになる。この考え方は人生を台無しにする。他人を頼ること、他人を愛すること、他人を尊敬することができなくなる。

あなたが悪行を重ねれば、あなたはすべての人間を嫌いになる。どんな他人の優しさもあなたを救えない。孤独にすらなれない。だってあなたは、あなた自身と仲違いしているから。

だから、幸せに生きたければ、善い行いをすることだ。他人が見ていても、見ていなくても。そんなのはどうでもいいことだ。だって少なくとも自分は見ているのだから。そしてあなた自身を好きになり、それを通して全人類を好きになることだ。