書けなくなってきた

最近、文章を書く衝動が急速に弱まってきたのを感じる。

6月にブログをはじめたころ、ひたすら書きたい気持ちに駆られていた。寝食も忘れる勢い、といったら言いすぎだが、それでもかなりの時間を費やして書いていた。ところが最近はすっかりご無沙汰してしまっている。アイデアのメモはあるが、そこから膨らます気にならない。ただただ面倒くさい。最近の更新は以前に書き溜めた文章を消費して、さらには書きかけで放置していたものを少しばかり手直しをして記事に仕立てているだけだ。

どうして書けなくなったのかと不思議に思う。あのころが異常だったのか、あるいは書く気力すら減衰しているいまがむしろまずい状況なのか。判断できないでいる。半年くらい前にちゃんと付け始めた家計簿もすっかり放置しているし、年単位で続けてきた日記すらこのところ滞っている。

ブログをはじめたとき、週一回更新のペースで一年間続けようかと思っていた。いまもその目標は放棄していないが、なかなかきびしいかもしれない。かといって空っぽの文章を書くつもりもない。分量が少なくなるのは不可避だが、自分なりに納得のいくものを書いていきたいと思う。